ページトップへ

くるみ~な(外張り断熱)

外張り断熱で実現する、これからの暮らし。

パナソニックの耐震住宅工法テクノストラクチャーに外張り断熱工法を組み合わせ、これからの住まいに求められるさまざまな条件を満たした「くるみ~な」の家。

 

 

「くるみ~な」の家が目指した4つのキーワード。

長い人生を健やかに、安心して過ごせる家。毎日を美しく快適に楽しみ、しかもムダな出費の少ない家です。キーワードは「快・得・健・美」。これからの日本にふさわしい住まい。

 

外張り断熱で実現する快適性能

柱や梁など住まいの骨組みの上から、家全体を断熱材ですっぽりと覆う外張り断熱工法。屋内外の熱の出入りを抑え、夏も冬も上下階や部屋ごとの温度差が少ない、快適な環境を保ってくれます。

 

高気密・高断熱とオール電化でお得な暮らし

気密性能・断熱性能にすぐれた構造で冷暖房のエネルギーロスがすくないうえ、深夜電力などを賢く使うオール電化の採用で光熱費を節約。家計にやさしい暮らしを実現します。

 

 

24時間計画換気で健やかな空気環境

わざわざ窓を開けたりしなくても、24時間時異動的に適切な換気を行います。また、断熱・気密サッシの採用でカビの原因ともなる結露の発生を抑えました。

 

収納プランと水回り設備で美しい住空間を実現

設計自由度の高い「くるみ~な」の家では、オープンな間取りとフレキシブルな収納が可能。さらに、パナソニックの技術とセンスが活きる多彩な水まわり設備もそろっています。

 

 

万一の安心に、毎日の快適をプラスした「くるみ~な」の家。

厳寒や猛暑など厳しい気候のなかでは快適な住空間を実現するには、住まいの気密性や断熱性を高めることが重要です。「くるみ~な」は、柱や梁など住まいの骨組みの外から、家全体を断熱材ですっぽりと覆った、「外張り断熱工法」による高気密・高断熱住宅です。

地震に強く、大空間を実現できるテクノストラクチャー工法と相まって、長く安心・快適に過ごせる住まいを実現します。

 

 

 

外張り断熱ってなぜ良いの?

構造体の外から覆う断熱材により、外気温が柱などに伝わりにくく、外気と直接接する外壁面で特に効果的です。

 

(外張りでない場合)

断熱材は骨組の間に充てんされます。適切に施工されていないと、柱や梁、すき間から外気温が伝わる場合があります。

 

 

項目

熱の伝わりが非常に少ないポリエスチレンボードに、気密性と耐震性を高める構造用合板を一体化。耐震・断熱・気密の1枚3役を兼ねたパナソニックオリジナルの壁パネルです。

 

 

■家をがっちりと支える最大壁倍率5倍の耐力壁。

最大5倍までの耐力壁としての役割も担っている「くるみ~な壁パネル」。構造計算に基づき、最適配置されます。

 

片筋

 

 

    カタログはこれ!  

 資料請求をする?