ページトップへ

テクノストラクチャーとは

テクノストラクチャーが選ばれるヒミツ!

 

テクノストラクチャーとは、木+鉄で建てる第3の工法。

「テクノストラクチャー」とは、木と鉄の複合梁「テクノビーム」と高強度オリジナル接合金具を使用し、さらに構造計算や耐震実験など、最先端の技術を導入した新工法です。木造と鉄骨造の両方のメリットを活かした、パナソニック独自の「第三の工法」で、耐震性に優れています。

 

 01 木に鉄の強さを加えた『テクノビーム』を使用 

    木と鉄の複合梁『テクノビーム』

家づくりでは、最も荷重を受ける梁を強くすることが、住まい全体の強度を高めることにつながります。

そこで、梁部分には木材に堅牢な軽量H形鋼(鉄骨)を組み合わせた複合梁『テクノビーム』を採用しました。

長期間の荷重による変形もほとんど起こらず、長い年月が経過しても強い家を維持します。

 

 02 実物大の住宅に震度7の揺れを5回加えた耐震実験 

    実物大の住宅で耐震性能を実証

耐震性能を確認するために、阪神・淡路大震災(震度7相当)と同じ地震波で振動実験を実施。

実験住宅は、耐震性の高い単純な間取りとせず、実現的な間取りであえて厳しい条件に。

計5回、地震波を加えた結果、主要構造体に損傷・変形が見られず、強度が実証されました。

 

 03 建てる前に一棟一棟緻密な災害シミュレーション 

建築基準法では、2階建て以下の木造住宅では構造計算が義務づけられていませんが、一棟一棟、間取りが違う木造住宅こそ構造計算が必要だと考えます。

テクノストラクチャーでは、独自の厳しい基準を設け、法律で定められた水準を大きく上回る、高度で多角的な『立体的応力解析』で388項目ものチェックを全棟で実施。

構造的に負担のかかるほぼすべての部位の強度と住まい全体のバランスを十分に確保します。

地震・台風・積雪などに耐えられるか、建物の強度を3次元で緻密に確認⇨

 

 

 

◇構造計算書・保証書◇

 

 

 

04 地震時に身を守るだけでなく、地震後の暮らしも考え耐震等級3を推奨 

耐震等級は住宅の耐震性能を評価する表示制度で、等級は1~3まで。最低ラインの等級1は建築基準法の耐震基準を満たす「震度6強で、損傷は受けてもつぶれない」というレベル。大きな地震時に身を守れたとしても、地震後に暮らし続ける家としては不安が残ります。テクノストラクチャーでは、消防署など重要な建物と同じレベルの耐震等級3になるように設計します。

 

 

だから、『テクノストラクチャー』が選ばれています!