ページトップへ

スキップフロアの家

「収納上手」の家(スキップフロア)

テクノストラクチャーの「収納上手の家」なら生活スペースを狭めずに収納が増やせます。

 

  • 生活空間を確保しながら、かさばる荷物もスッキリ解決。

テクノストラクチャーのスキップフロア構造。

スキップフロアとは、床面や天井高に変化をつけ、開放感のあるリビングを実現したり+αの収納空間を実現できる間取り構成のことです。

※スキップフロア住宅は各行政庁の条件により3階建てになる場合や、建築できない場合がありますので、事前にご相談ください。

 

 


 

 

  • スキッププランで収納スペースを確保。

たっぷりの収納ですっきり。

収納場所に困っていた「こんなモノ」もきちんと収納。

 

 


 

 

  • 収納上手の家はウォークイン。

らくらく収納で使いやすく。

地下室や屋根裏収納も便利だけど、荷物の上げ下ろしは大変。収納上手の家は水平収納だから、廊下から手軽にウォークインで荷物の出し入れができます。

 


 

  • スキップフロアで生まれる+αのメリット。

さらに4つのメリットで快適な暮らし。

 

①約4.2mの吹き抜けで天井が高い。だから、採光たっぷり。

中2階のスペースはリビングなどの吹抜けにもできるので(プランによります)、光がきれいな明るい空間を実現できます。テクノストラクチャーでは約4.2mもの天井高が可能です。

 

②1・2階どうしの生活音を遮断。だから、遮音性アップ。

中収納の場合、収納庫は中2階スペースを利用するから、上下の部屋の間に空洞が生まれ、その空間が1・2階どうしの生活音の伝わりを低減します。中収納の以外な効果です。

 

③2階の位置が高くなる。だから、眺めがきれい。

2階の位置が約1.8m高いから窓やバルコニーが近隣の2階よりも高くなり、外の眺めが良くなります。また、隣家と窓位置がずれることで、人の目を気にせずお部屋やバルコニーでリラックスできます。

 

④物置に入れていた大きなものも収納。だから、庭がひろびろ。

建物の中にいわば内蔵された物置があるようなものなので、物置を設置するスペースを庭にしたり、駐車場を大きく取ったりと有効に活用できます。

 

 


 

 

 

カタログはこれ!

 

 

資料請求をする?