ページトップへ

スタッフブログ

こんにちは。工務の武藤です。

今回はマニアックな部分について紹介したいと思います。

 

基礎工事の工程の中で、給排水の配管を通す為のスリーブという物を設置します。

IMG_2803

一般的な住宅だと、直管(じっかん)納めと言って、その名の通り配管を基礎の貫通 部へ設置して、建物の内外とも直接接続出来るような方法を取っている事が多いです。

 

しかし、当社の場合は長期優良住宅対応という事で、さや管方式でのスリーブを設置しています。 IMG_2804

 

直管の場合、配管に異常があって手直しをする事になった時、直接配管を通しているので、交換等をする際に周りの基礎を傷める可能性があります。

 

さや管方式の場合、一回り大きい配管を貫通部に使用する事により、交換等が容易に出来る構造になっているので、建物に優しいです。

 

あまり注目されにくい部分ではありますが、長い目で考えると重要な部分でもあるかと思います。

 

(武藤)

記事一覧

  • 1 /
  • 2 /
  • 3 /
  • 4 /
  • 5 /
  • 6 /

1ページ (全22ページ中)